こんにちは!今日のブログも新入社員研修の様子をお伝えいたします。
3月1日の入社式から定休日を挟んで研修3日目を迎えました。

三和建設は本社の他、宝塚市内に支店営業所が3店舗とリフォームを扱う「リフレ三和建設」、伊丹市と西宮市に1か所ずつ住宅展示場がございます。今日の研修では各店舗への挨拶まわりから始まりました。

挨拶まわりの後は施工中の現場がある分譲地を見学。こちらの分譲地はすでにお住まいになられているお客様もいらっしゃいます。お客様にもしっかりと挨拶をし、分譲地内を歩いて回った後は三和建設の建物を体感してもらいました。

写真撮影にも笑顔が。研修にも慣れたかな?

午後からはデジタル課の田邊による「ISO・安全衛生・車両・個人情報」の研修が行われました。
”ISO(アイエスオー)”とは、お客様のご要望にお応えするために業務のやり方を規定するISO9001(品質マネジメントシステム)のことを言います。仕事の管理のあり方を見直すことができ、仕事のあり方、また、関連法令を遵守することを踏まえた品質向上のための業務管理のあり方の精度を高めてまいりました。三和建設は2000年よりISO9001の認証を取得し、これからも仕事のあり方をさらに高い水準ヘ上げていくべく、取り組んでいます。

研修ではISO以外にも事故を起こさない現場の安全管理や車両安全運転管理、また健康管理にもつながる衛生管理(ちなみに当社は「健康経営優良法人2021」に認定されています)さらには、防火管理や個人情報保護に関する法律を遵守する情報管理…などなど、新入社員は覚えることがたくさんあって大変です。(覚えるだけでなく、この日の講師役の田邊からは「『研修』で教わったことは、出来るようにならないとダメ」と言われていました。厳しいです)

新入社員研修の様子はこちらのリストよりご覧ください!