こんにちは。伊丹展示場の冨田です。
家づくりのための、家活応援情報!今回は玄関からの動線を重視した「ハビステーション」についてす。

 


コロナ禍において、帰宅時の着替え・手洗いうがいが、住まいにウイルスを持ち込まない新しい生活習慣として提唱されてきました。この新しい生活習慣は、新型コロナウイルス対策だけでなく、インフルエンザの予防、さらには花粉等のアレルゲンを生活エリアに持ち込まない清潔で健康な暮らしにつながります。

ただ、この「新しい生活様式を取り入れましょう。」と呼びかけても、大人は理解できても小さな子どもは自発的に行動することが難しいです。
特に住宅の間取りについては、玄関からリビングを通り抜けないと洗面にたどり着けなかったり、個室に行かないと上着をしまう場所がないなど、すぐに実行に移せないハード面での問題がありました。
そこで、玄関から入って、靴を脱ぎ、上着や荷物を片づけて、そして手を洗う。という行動を住宅の間取りパッケージ”ハビステーション”としてデザインしました。

 

「土間収納」「ファミリークローク」「洗面」を隣接して配置することで、無駄な廊下が無くなり、スムーズに片付けや家事をすることができます。
玄関から収納、手洗いまでのアクセスだけにとどまらず、忙しい子育て世代の味方となる動線計画が詰め込まれています。

 

子育て卒業世帯のご家族にも、浴室隣接の洗面台とは別に玄関付近に洗面台があるのは便利です。
三和建設は、生活スタイルの要望、敷地やご予算に合わせて設計士がプランニング(設計)する注文建築の家ですので、ご家族に合わせた間取りの家を建てることができます!

 

モデルハウス見学予約、オンライン相談予約、受付中!
https://www.sanwakensetsu.co.jp/sanwa-se/