お客様に密着したアフターサポート

三和建設は社内にカスタマー部門を設置しています。
新築のお住まいは完全に仕上がっていても、環境や住まい方によって
しっくり馴染むまでには、ある程度の時間が必要です。
状況によっては微調整が必要なこともあります。
三和建設では、お引渡し後5年間をアフターサービスの期間としています。
カスタマースタッフと現場監督がお引渡し後3ヶ月目、1年目、2年目、5年目で
時期に応じた定期点検を無料で実施
いたしております。

また、スタッフによる簡単なメンテナンスの手法や
住まい方のアドバイスもさせていただいています。
お客様に安心してお住まいいただけるよう、緊急のトラブルや、
お客様からのご相談に対応するため、経験豊富な専属スタッフが
「お客様の必要なときに、必要な対応ができる体制」でサポートさせていただきます。
大手ハウスメーカーのようにサポート受付窓口から
実際に点検を受けるまでの説明や手続きに手間取ったり、時間を要したりすることはありません。
「何かあったらすぐに駆けつけられる」それが地域に根ざした三和建設の強みでもあるのです。

長期保証体制(最長35年対応)

通常は瑕疵担保責任の範囲で基本構造部分と防水に関して、お引渡しの日から
10年間の保証
を行っています。その上で、10年の瑕疵担保責任の保証期間満了前に、
三和建設による有償点検と劣化診断を受けていただき、
弊社がご提案する有償メンテナンスを受けていただいた場合は、
さらに5年間、基本構造部分と防水に関する部分を(漏水が発生した場合に限り)保証させていただきます。
その後も、5年ごとに有償点検とそれに伴う有償メンテナンスを実施していただいた場合は、
最長35年まで保証期間を更新いたします。

※ただし、増築や改修などの工事をされて、保証対象の部分が保証を開始した時点と異なっている場合、
保証の更新が出来ない場合がございます。
※上記保証システムは保証検査機構、ならびに保険会社との提携で行う場合がございます。
※基本構造部分とは、建築基準法における構造耐力上主要な部分、基礎・柱・壁・床・はり・屋根などをいいます。

総合力で末永く安心のサポート

あなたの大切な資産を守る「家歴書」

最初のご来店から図面の作成、建物の完成、アフターサービス、長期保証の履歴は
お客様のお住まいがある限り、資産を守る「家歴書(かれきしょ)」として
三和建設が永年保管いたします。
そして、大切にお使い頂いたお住まいが、生活スタイルの変化によって手狭になったり、
部品や設備の老朽化などが起こったら、いつでも私たちにお申し付けください。
あらゆるご要望にお応えできる体制で、専門のスタッフが対応させていただきます。
ちょっとした水周りのリフォームから大規模な増改築まで、
どんなことでもお気軽にご相談ください。

※三和建設の住宅履歴情報「家歴書」管理の取組み
当社では2000年にISO9001の認証取得に伴い、お引き渡しをした建物の「新築時の情報」と
「維持管理段階に入ってからの情報」を「品質記録」として、保管維持の期間を定め、整備を始めました。
2003年からは保管維持の期間を定めずに永年保管を開始いたしました。
その後2007年に、国が公表した「200年住宅ビジョン」の提言を受け、2008年4月以降に
当社でご契約いただいた戸建住宅のお客様に対しては、重要事項に関する情報に加え、
「計画的な維持管理」・「合理的なリフォーム」・「住宅の資産価値形成」・「災害時の迅速な対応」の観点に基づき、
住宅履歴情報「家歴書」の蓄積ならびに保管を行っております。
なお、当社では親しみを持って理解を深めて頂くため、「家歴書(かれきしょ)」と名付けております。

▲ページトップへ戻る