三和建設は長期優良住宅に対応しています。

長期優良住宅の普及の促進に関する法律(長期優良住宅普及促進法)が2009年6月4日に施行されました。

長期優良住宅普及促進法に関する情報(国土交通省へのリンク)

長期優良住宅とは

長期優良住宅とは「つくっては壊す」時代から
「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」社会への転換を図るため、
2009年6月4日より施行された
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」によって定められた、
「メンテナンスすることで世代を超えて住み継いでいけるような"長寿命"な住まい」
のことです。

高い資産価値 メンテナンスや内装・設備の交換を定期的に行うことで資産価値の高い家に!

耐震性能、耐久性能、維持管理や更新の容易性、 バリアフリー性能、省エネ性能の高い家に
なります。 将来をしっかり考えて建てるので、ライフスタイルに合わせた間取り変更が可能です。
長期優良住宅は躯体の耐久性が高く、内装や設備のメンテナンスが容易な為、
資産価値の下がりにくい家となるのです。
次の世代に住み継ぐことはもちろん、"売る"・"貸す"時にも有利です。

税制面での優遇 国が推進する長期優良住宅は税制面で優遇。最大で400万円の控除が受けられます。

長期優良住宅に認定されることで、「減税」と「金利」面が一般的な住宅よりも優遇されます。
まず「減税」では2012年に入居した場合、10年間で最大400万円の所得税控除が可能となります。
また固定資産税は当初5年間が1/2軽減されます。さらに投資型減税措置による所得税減税や
不動産取得税、登録免許税なども軽減・優遇されます。
次に「金利」については、住宅金融支援機構のフラット35 Sエコ(注1)の金利が、
当初の5年間、基準金利から0.7%(注2)引き下げられます。

(注1)東日本大震災からの復興、住宅の省CO2対策を推進するために創設。
(注2)2012年(平成24年)10月31日までのお申込み分に適用。
ただし、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付が終了されます。

  国土交通省による税制解説(PDFファイル)

三和建設ではこれからのスマートライフを支える住宅づくりとして、
安心・快適性を高め、資産価値を保つ「長期優良住宅」を
標準にしています。

長期優良住宅のさらに詳しい情報はパンフレットをご覧ください。

長期優良住宅情報パンフレット無料請求はこちらから

▲ページトップへ戻る