皆様こんにちは
賃貸管理センターの遠藤です。

入居者様からのお申し出の中で、上位に入るのが「トイレの詰まり」

何か間違って流してしまったのなら、原因がはっきりしているのですが
「何もしていないのにトイレの流れが悪い」
「何もしていないのにトイレが流れない」となると、
原因を探っていかなくてはいけません。

今回も、「トイレが流れない」とのお申し出に、ラバーカップを持って
一瞬で解決よね・・・・と管理担当の曽我さんと出動しました。

管理担当者は、まずトイレの流れを確認します。
ラバーカップをかぽかぽしてみるも~

びくともしない!!!
全く水が減らない!!!

私はその間に、家の周りにある【汚水枡】を一つずつ開けていきます。
ここはキッチンからの排水ね~
ここは・・・・・・
嫌な予感しかしない・・・・・・
だって・・・・・すでに汚水枡から溢れている形跡がある~~

おそるおそる汚水枡を開けると
しっかり!上まで!詰まってる・・・・・・・・・・

管理さ~ん・・・すみませ~ん・・・ちょっとこちらに・・・
管理担当の曽我さんは、見た瞬間に
「マネージャー下がって下さい」

立ち尽くす私を押しのけて、詰まりものを黙々と取り始めました。

IMG_3940

その量は、配管という配管に詰まっており、すごいものに。
一番太いワイヤーと、ホースを使って水を流しながら、2時間格闘

「マネージャー!!そこにおったら、ワイヤーはねるよ!!」

管理担当者は、気遣ってくれるのですが・・・・・
すでに・・・・・いろんなものが私にかかってます・・・・
大丈夫・・・・もう慣れてるから・・・・・・・・白目

何とかトイレの流れを確認し、各所の汚水枡をあけて流れを確認。
2人とも、最終的には、水は被るわ、色んなものは被るわで、
くちゃくちゃになりましたが、奮闘している私達に、入居者様が「ありがとう、ありがとう」と何度も言って下さり、本当にほっとしました。

IMG_3943

IMG_3942

トイレの詰まりの原因のひとつとして、トイレを流す水量があります。
今は、節水タイプのトイレが多いですが、中には、トイレのタンクの中に
節水として、ペットボトルを入れている方もいらっしゃいます。
適切に流れるように、メーカーはタンクの水量を決めていますので、トイレのタンクには何もせず、そのままお使い頂く事が正しい使用方法です。

古い住宅だと、排水管の勾配が狂ってしまったりすることで、詰まりが発生する事もあります。

少しでもおかしいな?いつもと違うな?と感じたら、ご連絡下さい。

さて、最強に頼りになる管理担当の曽我さんは、お着替えセットを持って
どこかへ消えていかれました。
曽我さん・・・・いろんなもの、かかってますよ・・・・

管理担当者にとって、お着替えセットは、必須アイテムです。笑