こんにちは。管理・営繕担当の曽我です。

今回は、弊社で管理しているマンションの「排水管が詰まった!」です。

弊社では、管理マンションの排水管清掃を「3年に一度」定期的に実施しています。

しかし、定期的におこなっていても、生活状況や建物の環境等の影響で、
入居者様より「浴室の排水の流れが悪い」「キッチンの排水の流れが悪い」
といったお申し出を受けることがあります。

 

先日、マンションの入居者様から
『お風呂のお湯を流すと流れが悪く、足元に溜まる!』と、ご連絡をいただきました。

浴室の排水が流れ難くなる一番の原因は、「髪の毛の詰まり」です。

これなら、5分で解決!!と、言いたいところだったのですが・・・。

今回ご連絡をいただいて「なんか、怖いな・・・」と思ったのは、
入居者様が、『キッチンを使用しても、トイレを使用しても、浴室の排水口へ逆流している』
とおっしゃったこと!。

「うっ!なぜだ・・・!?」
img_1
修繕が大掛かりになりそうな予感と共に、直ちに責任者の遠藤同行で、
高圧洗浄機を持って駆けつけました。
まずは設計図書を見ながら、排水管の経路を正確に把握します。

そして、外にある「汚水桝」に「排水が流れて来るか?」を浴室の水を流して確認し、
「汚水桝」から、「宅内」へ向けて、逆の方向で少しずつ高圧洗浄機をかけていきました。

奥へ奥へと入れて行くのですが、”詰まり物”は出てきません!

”嫌な予感しかしない”中で、遠藤自らも、状況を確認し始めました。

う~ 怖い・・・」

img_2

img_3

 

 

 

 

 

 

通常は、浴室の配水管と台所の排水管とは途中で合流しているので
「油の塊」のような物が出てきます。
ところが、出て来る物は「砂のような?物」だけ・・・。
明らかに、汚水の流れ方がおかしい・・・。

img_4

img_5

 

 

 

 

 

 

そして一旦は、浴室の排水口の逆流は治まった(※)ため、
入居者様へは後日再調査をさせていただく旨をお伝えし、
専門業者による調査に切り替えました。
(※仮に詰まり物があっても隙間から少しずつ水が流れるため、
逆流が治まっても完全には直っていない状態。)

その後、入居者様に確認すると、やはり浴室排水口からの逆流があるとのこと。

そして、後日・・・・・・

専門の業者さんに来てもらい、浴室から高圧洗浄をかけていきました。

img_7img_6

 

 

 

 

 

 

 

しかし、一度は流れるのですが
結果は同じ・・・。
状況を見ていた責任者遠藤の表情も
だんだん険しくなっていき・・・・・・
怖い・・・。

img_8

私が管理業務に就くようになって、一番の大きな経験になりそうな気配!!

この続きは長くなるので、後日報告いたします・・・。

ここまでお読みいただいた方、誠に申し訳ございません・・・。